マッチングアプリをアンインストールしました

スポンサーリンク

おはようございます。今日は布団から出るのがとても苦でした。一度出てしまえばなんということはないんですが、それまでが大変ですよね。朝はしゃっきり目覚めることが多いので、珍しいこともあるもんだなと感じました。さて、今日は婚活の話題です。行ってみましょう!

マッチングアプリをアンインストールしました

タイトルの通り、マッチングアプリを一度全部アンインストールしました。理由としては、32歳のオタク女性とのやりとりを続けることにしたためです。6月までは忙しいとのことだったので、6月くらいまではアプリもやらないようにアンインストールしてみました。迷っていたことが決まってよかったです。後は待つだけですね。

いままでのメッセージのやりとりがサイトのリニューアルで消えてしまうので、メモに保存しておきました。いまもたまにメールなどのやりとりを見返しています。

お相手の女性は京都に住んでいるので、遠距離になります。以前もお話しした通り、過去に恋愛でトラウマがあるんだそうで、恋愛にとても積極的というわけでもないんだそうです。こういう時は私がリードしないといけないですね!ポケモンGoやぼく勉、吹奏楽なんかの話題でとても盛り上がっていました。

マッチングアプリに関しては、いままで、ちょくちょく課金したりいいねを送ってみたりしていました。ですが、同時並行って苦手なので、やっぱり向いてないかなと思い、一度アンインストールになりました。久しぶりにマッチングアプリを開くとアラフォーの女性からいいねがきていたりしますが、アラフォーの女性には申し訳ないですが、スキップしたり拒否したりしています。年下を狙うんじゃなくて、年上もみてくださいね、と思います。

昔、大学受験をした頃に東大受験の本で東大生が言っていたことだったんですが、「チャンスに張り付くのではなく、ここぞというチャンスを逃さないことが大事だ」ということで、私もチャンスに張り付いているのではなく、ここぞ!ってチャンスがきたら逃さないようにしないとなと思います。いままでも婚活で何度かチャンスを逃してきたのです。あの時こうしてればよかったな〜と思うことも多いので、32歳の女性とのやりとりは成功させたいなと思っています。

優先順位と燃え尽き症候群

音楽の仕事について、ぼんやりと考えていたのですが、やっぱり燃え尽きているなと感じているようです。2019年くらいのLINEを見直す機会があったんですが、その時も同じことを思っていたみたい。その時は簡単なものかなと思っていたようなんですが、思ったより根が深いようです。英語の勉強も燃え尽きの気配は感じているんですが、音楽のそれとくらべると軽いものです。なので、仕事としては英語の翻訳の仕事は良いかなと感じています。

優先順位を比べて見ると、仕事として英語の翻訳の仕事をするのは良さそうだなと感じています。自営業で在宅勤務ベースで進んでくことや、得意なことを活かせること、自由に仕事ができることや給与の面など良いことは多いように感じています。

仕事に関しては、「ミッション・ビジョン・パッション」を考えるところなんですが、このうちビジョンを考えるのに苦戦しています。自分の「世界観」ですね。自分がどこに行きたいのか。これをはっきりさせる必要がありそうです。

音楽は仕事としては、お金に結びついていれば、仕事として続けても良いのかなと思う反面、以前からお話ししている通り、趣味・副業の範囲でやっていくのが良いのかなと思うこともあり、悩んでいます。何より、先ほども述べた通り、燃え尽きていることが大きいですね。一度燃え尽きてしまうと、もう一度その仕事をするのって困難なんだそうなので、私もそうなのかなと思っています。

英検2級

この前、英検2級のテキストを買ってきました。内容としては、まず文法の復習から入るようです。良さそうだなと感じています。

英語はほどほどに読めたりしたのですが、実力が落ちていることもあり、復習からがちょうど良いかなと思っているところです。スピーキングの練習などもしたいのですが、どこから攻めるかといったら、やはりリーディングの能力をあげないといけないんですよね。私は発音があまりよくないのですが、ほかのところでカバーできるほどの能力もないので、基礎から固めて行って、仕事に結びつけるために努力していきたいと思います。英検は順番に受けて行けば良いんですが、申し込みできずにいます。資金の問題です。後はコロナ禍で人が集まる所に行きたくないのもあります。でも、申し込みの受験料があがったのが一番の原因です。

資金が貯まってきてからになりますが、英語の翻訳の仕事を受けるべく、こちらも通信教育を受けてみようかなと思っています。7万くらいで初級のコースが受けられるみたいなので、そちらを受講したいです。

それでは、今日はこの辺で。

また明日です!

スポンサーリンク